Our Investments

ニュートン バイオキャピタルの使命は、革新的かつ画期的で、経済的にリーズナブルなソリューションを患者さんに提供することによって、大きな経済的および社会的価値を生み出すことです。

Dim3

DIM3(ディムスリー)は、2012年に設立されたデジタルヘルスケア企業です。 同社のミッションは、腸や点滴からの栄養をモニターし、それを改善するアプリケーションを開発することです。現在、あまり認知されていない分野での大きな医療ニーズに取り組んでいます。

http://www.dim3.com
Epics Logo

EPICS THERAPEUTICS(エピックス セラピューティックス)は、RNAエピジェネティクスに基づいて、がんにおけるファースト・イン・クラスの医薬品を開発しています。 同社は、がん治療のためのRNA修飾酵素の低分子阻害剤の研究・開発に焦点を当てています。

https://www.epicstherapeutics.com
Syngergia Medical

SYNERGIA(シナージア)は、薬剤耐性のてんかんの患者さんがMRIによる検査の時でも安全に装着できる次世代の小型埋め込み型神経刺激装置を開発しています。更なる治療用途と共に開発しています。

http://www.synergia-medical.com
Chromacure

ChromaCure(クロマキュー)は、がんにおいてまだ達成されていないニーズを満たす、ファースト・イン・クラスの低分子薬の研究・開発を目指しています。 同社は、がんの発生と進行の重要な制御因子である、新規標的に対する阻害剤を開発しています。

http://www.chromacure.com
Logo Acticor

Acticor Biotech(アクティコール バイオテック)は、INSERM(インサーム)からスピンオフしたベンチャー企業です。虚血性脳卒中や肺塞栓症を含む急性血栓性疾患の治療における革新的な治療法の開発を専門とし、臨床段階のパイプラインがあります。同社は、創立者であるパリ・インセルムのDr.Martine Jandrot-Perrusとパリ南大学のPhilippe Billiald教授の専門知識と研究結果を元に創設されました。

https://acticor-biotech.com/
Sequana Medical

Sequana Medical(セクアナ メディカル)は、肝疾患、心不全、悪性腹水症やその他の体液性不均衡障害の管理のための革新的な治療ソリューションの開発に焦点を当てた医療機器の会社で、ヨーロッパでいくつかの医療機器を販売しています。

https://www.sequanamedical.com
Logo E4Th基本ロゴ

エディットフォース社は、PPR(pentatricopeptide repeat)タンパク質プラットフォーム技術をベースとした独自のDNA/RNA編集技術の研究開発を行っています。本技術はDNAの編集のみならず、RNAの編集も行えるということが、他の技術と大きく異なるポイントであり、広い範囲での応用が見込まれています。また、他のDNA編集技術とは異なるメカニズムのために差別化した知的財産を有しています。

https://www.editforce.co.jp/en/
Screen Shot 2020 08 14 At 14 48 43

ジェイファーマは、細胞膜表面のトランスポーターを標的とした創薬ベンチャー企業であり、2005年に杏林大学を退官された遠藤仁元教授により設立され、様々なトランスポーターを標的とした新規薬剤の研究開発に展開してきました。近年は、Lタイプ・アミノ酸トランスポーター(LAT1)阻害剤の研究開発に特化し、標準的化学療法が不応・不耐となった進行性がんの治療を目的に複数の新規薬剤(JPH203とOKY034)の臨床開発を進めています。

http://www.j-pharma.com/index_e.php
Schermafbeelding 2020 11 14 Om 15 58 56

Aboleris Pharma(アボレリスファーマ)は、免疫性疾患のための新しい免疫調節剤を開発しています。 同社には、次の二つのプログラムがあります:1)抗CD45RCモノクローナル抗体(ABIS-45RC)、 2)サイトカインIL-34(ABIS-34)

http://aboleris-pharma.com
Afbeelding1

Metabolys(メタボリス)は、代謝性疾患、特に非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)に苦しむ患者を治療するための小分子を開発しています。 この小分子(MTBL0036)は、ミトコンドリアのピルビン酸担体(MPC)を標的としています。 ピルビン酸は、炭水化物、アミノ酸、および脂肪酸の代謝をつなぐ中心的な生化学的ノードにあり、ミトコンドリアへのピルビン酸の流れの調節は、多くの疾患に影響を与える中間代謝の重要なステップを表しています。 同社が生成した最初の前臨床試験結果では、MTBL0036は、NASHのSTAM動物モデルで評価した場合、開発中のすべての経口活性抗NASH薬および抗線維化薬候補の中で最も効率的であるようです。 製造が容易で、炎症と肝細胞破壊の両方を阻止するのに非常に効果的であるようであり、他の抗NASH薬候補を補完して使用できる可能性があります。

Perseus

Perseus Proteomics is Therapeutic antibody development targeting transferrin receptor for various blood cancer diseases and antibody drug discovery platform base on phage display

The company licensed out 2 product candidates and possesses 1 internal product candidate (PPMX-T003) for hematologic cancer (Polycythemia Vera) at Ph1 in Japan since 2019.

PPMX-T003, targets a transferrin receptor (TfR) that is expressed on the cell membrane and regulates cellular iron uptake. The cellular iron uptake is essential for cell survival and proliferation. As TfR is highly expressed in many cancer cells, it is widely known that the inhibition of iron uptake depletes its levels within cells, leading to cell death. Many attempts to achieve inhibition of iron uptake have been made in the healthcare industry for a long time, but without success. Through the phage display method, the fully human antibody, PPMX-T003, which kills cancer cells effectively with its extremely potent inhibitory activity against iron uptake.

https://www.ppmx.com/en/
Schermafbeelding 2021 07 01 Om 07 35 28

NeuVasQ was founded based on new insights into the molecular mechanisms maintaining the integrity of the blood-brain barrier (BBB). The BBB regulates the exchange between the vascular system and central nervous system (CNS). Increased BBB permeability, due to age or injury, is involved in many neurological conditions through the leakage of harmful blood substances into the CNS. BBB dysfunction is a factor in many neurodegenerative disorders, such as Alzheimer’s, as well asmultiple acute neurological conditions like stroke and epilepsy.

https://neuvasq.com
Prism

PRISM BioLab focuses on developing technology for proprietary small molecule drug discovery for undruggable targets. PRISM BioLab established a Library designed to mimic α-helix or β-turn peptide using a unique stable scaffold with corresponding dihedral angles. These motifs are essential for protein-protein interactions within the cell, especially related to transcription and translation.